Inter Regional Fabric® (IRF)

InfiniCloudのクラウドリージョン間を高帯域、
低遅延で結ぶインターリージョナルファブリック。

導入のご相談

Inter Regional Fabric (IRF) とは

InfiniCloudの複数リージョン(拠点)間を、低レイテンシー・広帯域を備える当社独自の回線で接続するサービス。

回線の帯域を専有するDedicatedタイプと、2Gbpsを共有するSharedタイプがあります。本サービスを利用することで、複数のリージョンを使った冗長構成を構築することができます。

 

特長・機能

冗長経路、ワイドバンド、低レイテンシの高速接続

インターリージョナルファブリックは、InfiniCloudのクラウドファブリックの根幹を支えるバックボーンです。 関東-中部-関西-九州の4つのリージョン(2022年現在)を高帯域、低遅延で接続。コストパフォーマンスの高いギャランティ回線を提供します。 道路のレベルで物理的に重ならない冗長経路でデザインされ、災害にも強く、ディザスタリカバリシステムの構築にあわせて設計されています。

レイヤー2をサポート

インターリージョナルファブリックへの接続は、レイヤー2で、VLAN、VXLANに対応。リージョン間を同一セグメントで接続することが可能です。 関東、中部、関西、九州の全てのリージョンに分散したプライベートクラウドの上で、仮想マシンインスタンスをマイグレーションし、同じ設定のまま、動作させることが可能になります。 Private Connectとの併用で、オフィス-近いリージョンのプライベートクラウド-遠いリージョンのプライベートクラウドで、全て同一セグメントの利用が可能となります。

接続点ベースのわかりやすい料金プラン

インターリージョナルファブリック内は、常に十分な帯域が確保されており、接続点帯域(ギャランティ帯域)の定額プランのみ。システムの必要キャパシティに合わせた定額プランになる為、安心して利用することが可能です。

接続例

2拠点間の接続

2拠点間の接続

関東リージョンと関西リージョンを接続する場合、IRFを2契約する必要があります。

3拠点間の接続

3拠点間の接続

関東、関西、中部リージョンを接続する場合、IRFを3契約する必要があります。

全拠点間の接続

4拠点間の接続

関東、関西、中部、九州リージョン全てに接続する場合、IRFを4契約する必要があります。

料金表

インターリージョナルファブリック料金表

サービスタイプ 型番回線速度最低利用期間 税込価格
DedicatedNI-RDH200M200Mbps3ヶ月68,200 円/月
DedicatedNI-RDH002G2Gbps3ヶ月429,000 円/月
SharedNI-RSH002G2Gbps3ヶ月22,000 円/月
注意事項
  • 表示価格は全て税込です。初期費用が別途必要(通常月額の2.5ヶ月分)です。
  • 最低利用期間経過後は1ヶ月単位のご利用となります。
  • 表示価格は1拠点の接続点分の価格となります。リージョン間を接続する場合、接続するリージョンの数に応じて契約が必要になります(最小2契約)。
Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther