Storage

Interconnected Storage 6Gt (ICS)

もっとも反応速度が良く高速、しかも永続化ストレージ

導入のご相談

高反応速度と高可用性を兼ね備えたブロックストレージ


Interconnected Storage

Interconnected Storage 6Gtは、ダイレクトにインターコネクトされたブロックストレージです。エフェメラルディスクのような高反応速度を持ちながら、データが永続化されるため、データベースなどのレイテンシーに影響を受けやすいワークロードのパフォーマンス向上に最適です。

Enterprise NVMe SSDを搭載し、リード/ライト混在のアクセスでも2msec未満の応答速度を99.9999%という精度で保証します。また、転送バスにPCI Express Gen.4を採用し、最大32Gbpsもの高帯域を有するため、バーストアクセスが必要な配信サーバにも優位性を発揮します。

本サービスが利用可能なプライベートクラウドサービス

 

クラウドインスタンスのブート領域やデータ領域に最適なストレージ

インスタンスのブート領域やデータ領域に利用可能

Interconnected Storage 6Gtは、クラウドインスタンスのブート領域やデータ領域に最適なストレージです。

Private Cloud Dedicated Typeに接続され、ユーザーは容量やIO速度、転送速度に合わせてインスタンスを作成できます。インスタンスのリブート時も自動的にストレージが選択され、データは永続化されます。

NANDレベルでの冗長機能を備えており、高い可用性を実現しています。ただし、Compute Nodeの健全性にも影響を受けるため、データの冗長化は別の層で行うことを推奨しています。

 

インターネットエッジサーバや、データベースサーバに最適なストレージ

インターネットエッジサーバや、データベースサーバのデプロイに最適

Interconnected Storage 6Gtは、数千分の1のレイテンシ時間と、高いIOや帯域幅を誇るブロックストレージです。また、Compute Node内に共有範囲を閉じることができるため、インターネットエッジサーバやデータベースサーバに最適です。

インターネットエッジサーバでは、リクエスト数の事前予想が難しいため、ロードバランサーサービスを経由して複数のCompute Nodeに分散したインスタンスに配置することで、スムーズにワークロードを分散できます。

また、Virtual RouterやVirtual Load BalancerなどのVirtual Applianceは、二系統の冗長配置が容易です。これらのVirtual Applianceは、ログのバーストライトなどの負荷にも耐えやすいInterconnected Storageと組み合わせることで、高速かつ高可用なシステムを構築できます。

さらに、データベースサーバなどのレプリケーション機能を活用することで、Interconnected Storageの速度を生かしつつ、冗長化を保つデザインパターンも可能です。

(*1) Private CloudのComputeNode層での保証値となり、インスタンス内での保証値ではありません。

 

スペック

名称Inter Connected Storage 6Gt
型番ES-LDH4ES-LDH8ES-LDH16
容量 3.84TB 7.68TB 15.36TB
Seq.Read6,800MB/sec6,800MB/sec6,800MB/sec
Seq.Write5,300MB/sec5,600MB/sec5,600MB/sec
IOPS(read)1,000K IO/sec1,000K IO/sec1,000K IO/sec
IOPS(write)180k IO/sec250k IO/sec250k IO/sec
IOPS(Read/Write)300k IO/sec415k IO/sec520k IO/sec

料金表

Interconnected Storage 6Gt

型番/スペック月額費用
ES-LDH4 / NVMe 3.84TB12,100 円/月
ES-LDH8 / NVMe 7.68TB20,900 円/月
ES-LDH16 / NVMe 15.36TB41,800 円/月
ES-LDHO4 / NVMe 3.84TB
※Solaris SPARC Private Cloud専用
60,500 円/月
 ES-LDHO8 / NVMe 7.68TB
※Solaris SPARC Private Cloud専用
 121,000 円/月
注意事項
  • 初期費用が別途必要(通常月額の2.5ヶ月分)です。
  • 2つ以上の契約でミラーリングを組み合わせることも可能です。
  • Interconnected Storage 6Gtはプライベートクラウド 6Gs、6Gtシリーズでご利用できます。
  • 全てのリージョンで同一料金となります。
  • High Response Private Cloud、VMware Private Cloud 6GtのEPYCモデルでは最大12本、Xeonモデルでは最大10本まで搭載可能です。また、Solaris SPARC Private Cloudでは4本となります。
  • Solaris SPARC Private Cloud(Oracle SPARC S7-2)の場合、ES-LDH4とES-LDH8のみ利用可能です。
  • Solaris SPARC Private Cloud(Oracle SPARC T8-1)の場合、ES-LDH8のみ利用可能です。
  • 表示価格は全て税込です。また初期費用が別途(月額の2.5ヶ月分)必要です。
  • 最低利用期間(1年)経過後は1ヶ月単位のご利用となります。
Private CloudPrivate Cloud
StorageStorage
NetworkNetwork