Private Cloud

Solaris SPARC
Private Cloud (SSPC)

Solaris SPARCベースのシステムをクラウドへマイグレーション

導入のご相談

最新アーキテクチャのSPARCでSolarisのソフトウェア資産を活かす

最新アーキテクチャのSPARCでSolarisのソフトウェア資産を活かす

Solaris SPARCで作られたソフトウェア資産。耐用年数がすぎたSunや富士通、Oracle製の旧いサーバーで動くOSイメージをP2V。クラウド上の仮想マシンに移設することで、より高速に安定度が高い環境での動作が可能となります。

安価なLinuxやWindowsクラウドに移設できるものがありつつも、コアとなるシステムがSPARCから移設できない。そんなときも、クラウド上で貴重なソフトウェア資産をそのまま生かし続けることができます。

お客様拠点やデータセンターとクラウドネットワークを直結

お客様拠点やデータセンターと
クラウドネットワークを直結

Private Connectサービスにより、お客様の拠点やシステムが収容されているデータセンターとの間をレイヤー2で接続可能。

ラックに収容された、Sunや富士通、Oracle製の旧いサーバの代わりに、小さなネットワーク機器に置き換えていく。データセンターのラック利用料や電力量の節約など、大きなコストメリットが生まれます。

専用プライベートクラウドから、エンジニアド・システムまで

専用プライベートクラウドから、
エンジニアド・システムまで

専用プライベートクラウドならサーバーリソースの専有利用が可能。規模の大きなアプリケーションやデータベースも潤沢なリソースで動かすことができます。

また、Exadataなどのエンジニアド・システムのホスティングまで対応しているため、エンジニアドシステムとSPARC、その他のシステムを組み合わせることも可能です。

Windows ServerやLinuxとの組み合わせも可能

Windows ServerやLinuxとの組み合わせも可能

InfiniCloudのHigh Response Private Cloudや、VMware Private Cloudを併用することにより、WindowsやLinuxとの組み合わせも可能。

Oracle SolarisやMicrosoft Windows Server、Redhat Enterprise Linuxなど、様々なOSを組み合わせたシステムの運用が可能になります。

バックアップやセキュリティも

Enterprise Storageの堅牢性と速度
バックアップやセキュリティも

クラウドシステムのバックアップは、Enterprise Storageや、Backup Storageの機能で、ストレージ層による自律型バックアップ。

インターネットを利用しない広域ネットワークサービスのInter Regional Fabricを組み合わせて、地理的に離れた拠点にバックアップすることも可能。

ディザスタリカバリに備えてデータの保持性が高まります。

特長・機能

スケールアップの容易性

スケールアップの
容易性

最新のSPARC S7/M8プロセッサの高速性能を活用して、システムの応答性やパフォーマンスを向上させることができます。SSPCにリフト&シフトすれば、最新のSPARCプロセッサでシステムを稼働させることができます。また、サービスプランを変更するだけで容易にリソースを追加できるので、利用率に合わせて柔軟に対応できます。 

ZFSによるsnapshot

ZFSによる
snapshot

SolarisではsnapshotやLive Update、beadmなどの機能により、システムやファイルを誤って破壊した場合や、改ざんされた場合でも、簡単にロールバックや復元が可能です。これにより、パッチ検証やサービス移設、開発、構築などの作業を安全に行うことができます。

▶︎ 当社技術資料を参照

収容サーバが破損しても別のサーバから即起動可能

収容サーバが破損しても
別のサーバから起動可能

Solaris SPARC Private Cloudと、Enterprise Storageの組み合わせにより、物理サーバの物理的な破損から、データやアプリケーションを迅速に復旧できます。物理機での運用にくらべ、ダウンタイムを大幅に削減できます。

最適なネットワーク

最適な
ネットワーク

Private Connectを利用すれば、オンプレミスのSPARCシステムを仮想プライベートクラウドにリフト&シフトできます。また、Public Cloud Linkを利用すれば、AWS、Azure、OCI、GCPともプライベート接続できるので、Solarisを利用したまま、様々なモダナイゼーションが可能です。 

高度に隔離されたシステムとネットワーク

保守期限延長を目指した
OSアップデート計画も簡単

サーバの仮想化には、高度なリソース隔離を実現するLDOM技術を採用。SSPCへの移設時に、最新版のSolaris10にアップデートし、Solaris11.4への段階的なアップデートも可能。11.4までアップデートすることで、2034年までの保守期限延長も可能です。

 

スペック

NameOracle SPARC S7/T8モデル
CPUArchitectureOracle SPARC V9(OSA2015) Architecture Processor
Clock / 最大CoreS7モデル:SPARC S7 4.27GHz / 16 Cores, 128Threads (2CPUs)
T8モデル:SPARC M8 5GHz / 32 Cores, 256Threads(1CPU)
OSSolaris10モデル(下記のいずれかが選択可能):
・Solaris 10 1/13 + CPU(Critical Patch Unit)最新版での出荷の選択が可能。
・Solaris 11.4 CPU(Critical Patch Unit)最新版。
Solaris11モデル:
・Solaris 11.4 CPU(Critical Patch Unit)最新版。
※いずれも64bit
コンパチビリティガイド
ファイルシステムZFSのみ
ハイパーバイザーOracle VM Server for SPARC (LDOMs)
または
Solaris 11 Kernel Zone
接続可能ストレージタイプEnterprise Storage(ES)
Interconnected Storage(ICS)
Backup Storage(BS)
冗長度・二系統のESから切り出したESBに対してミラー可能
ESBSに対し、Snapshot Replication可能
IRFを利用する事で異リージョンにSnapshot Replication可能
参考≫SPARC Private CloudとEnterprise Storageの組み合わせで、Storageを冗長化する方法
組み合わせ可能ネットワークInternet Connectivity
Private Connect
Public Cloud Link
Inter Regional Fabric
特徴
  • 高堅牢性を誇るOracle Solaris SPARC対応。
  • 最新版のOracle Solaris 10 または11.4から選択可能
  • リフト&シフトと同時に最新版のSolaris10/11.4で検証が可能な環境
  • Oracle VM for SPARC(LDOMs)によるパーティショニングにより、CPU、メモリリソースを専有。
  • rootユーザーをお渡し可能
  • Oracle Solaris Zoneをお客様にて作成可能
  • 複数のネットワークサービス、プライベートクラウドサービス、ストレージサービスと連携可能
  • Solaris SPARCの既存システムから、SSPCへのP2Vマイグレーション(Solaris 10版)ガイド

OSサービスモデルの差異

Solaris SPARC Private Cloud(SSPC)には、Solaris10モデルとSolaris11モデルがあり、どちらにもSolaris10の移設は可能です。ただし、SSPC Solaris11モデルでは、Solaris10カーネルを選択できません。

 Solaris 10モデルSolaris11モデル
作成可能OSSolaris10/Solaris11Solaris11
選択可能バージョン・Solaris10 1/13 CPU(Critical Patch Unit)最新版
・Solaris 11.4 CPU(Critical Patch Unit)最新版
・Solaris 11.4 CPU(Critical Patch Unit)最新版
対応ZoneタイプSolaris 10
※Solaris 8/9(オプションにて可能)
Solaris 11/Solaris 10
カーネルZoneなしあり(Solaris11.2/11.3/11.4の動作が可能)

Storage

Solaris SPARC Private CloudではInterconnected Storage(専用モデル)、Enterprise Storageが利用可能です。必要に応じてBackup Storageを追加できます。

料金表

【重要】Solaris SPARC Private Cloudの価格改定および提供内容追加のお知らせ

 

Dedicatedリソースタイプ Oracle SPARC S7-2サーバー

OSメモリ リージョン最低利用期間1年
月額費用
最低利用期間2年
月額費用
最低利用期間3年
月額費用
Solaris10256GB中部 1,271,600 円/月 726,000 円/月544,500 円/月
関東1,299,100 円/月 753,500 円/月572,000 円/月
関西1,280,400 円/月 735,900 円/月553,300 円/月
512GB中部1,569,700 円/月 876,700 円/月645,700 円/月
関東1,597,200 円/月 904,200 円/月673,200 円/月
関西1,578,500 円/月 885,500 円/月654,500 円/月
Solaris11256GB中部
1,254,000 円/月 717,200 円/月539,000 円/月
関東1,281,500 円/月 744,700 円/月566,500 円/月
関西1,262,800 円/月 727,100 円/月547,800 円/月
512GB中部1,547,700 円/月 864,600 円/月638,000 円/月
関東1,575,200 円/月 892,100 円/月665,500 円/月
関西1,556,500 円/月874,500 円/月646,800 円/月

SSPC 6Gt Dedicatedリソースタイプ Oracle SPARC T8-1サーバー

OSメモリ リージョン最低利用期間1年
月額費用
最低利用期間2年
月額費用
最低利用期間3年
月額費用
Solaris10512GB中部 4,251,500 円/月2,225,300 円/月1,549,900 円/月
関東4,279,000 円/月2,252,800 円/月1,577,400 円/月
関西4,261,400 円/月2,234,100 円/月1,558,700 円/月
1024GB中部5,766,200 円/月2,986,500 円/月2,060,300 円/月
関東5,793,700 円/月3,014,000 円/月2,087,800 円/月
関西5,775,000 円/月2,996,400 円/月2,069,100 円/月
Solaris11512GB中部
4,186,600 円/月2,192,300 円/月1,527,900 円/月
 関東4,214,100 円/月2,219,800 円/月1,555,400 円/月
関西4,195,400 円/月2,201,100 円/月1,536,700 円/月
1024GB中部5,677,100 円/月2,942,500 円/月2,030,600 円/月
関東5,704,600 円/月2,970,000 円/月2,058,100 円/月
関西5,685,900 円/月2,951,300 円/月2,039,400 円/月

Virtual Instance単価表

項目構成月額費用
SPARC S7CPU8vCPU (1Core) 専有44,000円/月
メモリ16GB 専有11,000円/月

組み合わせのご利用料金は、ご利用する仮想マシン(LDOM)のインスタンス数、CPUスレッド数、メモリ、ストレージの量、回線品種、インテグレーションの有無、保守レベルの有無によって異なります。こちらのページよりお問い合わせください。

Virtual Instance パッケージプラン

パッケージプラン月額費用
CPU: 8vCPU / Memory: 4GB / Storage: 30GB61,600 円/月
注意事項
  • 表示価格は全て税込です。初期費用が別途必要(通常月額の2.5ヶ月分)です。
  • 最低利用期間経過後は1ヶ月単位のご利用となります。
  • 価格は予告なく変更されることがあります。詳細は、こちらのページよりお問い合わせください。
  • Solaris 10のプランご利用時、Solaris 11を利用する事も可能です。
    Solaris  8、9をご希望の場合は、こちらのページよりお問い合わせください。 
  • ※1. ストレージの表示容量は目安です。ファイルシステムやフォーマットにより実際にご利用いただける容量は減少します。また、容量を限界まで使用した場合、著しいパフォーマンス劣化が発生する場合があるため、利用容量を8割程度に抑えた運用をお勧めします。
  • 最低利用期間が2年および3年契約の場合、当社による審査をさせていただきます。審査結果により1年契約(自動更新)とさせていただく場合がございます。
Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther