クラウド移設計画
Top / サポート情報 / マニュアル / Solaris SPARC Private Cloud / クラウド移設計画 / Solaris SPARC Private Cloud(SSPC)のOSコンパチビリティガイド(リフト移設時のバージョンガイド)

Solaris SPARC Private Cloud(SSPC)のOSコンパチビリティガイド(リフト移設時のバージョンガイド)

印刷

当社のSolaris SPARC Private Cloud(SSPC)で利用しているSPARCハードウェアは、最新版となるSPARC M8、あるいはS7になります。
以下の表はSSPCへのリフト移設時のOSコンパチビリティです。

ご利用中のOS version?クラウドへリフト移設後のゲストドメインOSバージョン移設方法リフト可否
メジャーマイナーリリース名
Solaris 8  Solaris 10(最終版)上でLegacy Zone(※1)Flash Archive
Solaris 9  Solaris 10(最終版)上のLegacy Zone(※1)Flash Archive
Solaris 10 1/05(※2)
Solaris 10 1/13 + Recommended CPU 2018-01以降

あるいは、

Solaris 11.4上のSolaris 10 Legacy Container
Flash Archive
u11/06
u26/06
u311/06
u48/07
u55/08
u610/08
u75/09
u810/09
u99/10
u108/11
u111/13
Solaris 111111/1111.4上で再インストールしていただく必要があります。(※3)なし×
11.110/12×
11.24/1411.4上でKernel Zoneでの移設Unified Archive
11.3SRU9未満10/1511.4上でKernel Zoneでの移設Unified Archive
11.3SRU9〜23 アップデート無しで動作可(SPARC S7以降)Unified Archive
11.3SRU24〜 アップデート無しで動作可(SPARC M8以降)Unified Archive
11.4 アップデート無しで動作可Unified Archive

※1 Solaris8/9のリフトは、Solaris10(最終版)の上にLegacy Zone(コンテナ)としてで移設、動作が可能になります。ただしカーネルはSolaris10となるため、カーネル依存のソフトウェアは動作しない場合があります。

※2 Solaris 10をFlash Archiveを用いて移設する際には、2つの方法を選ぶことができます。1つめの方法はSolaris 10 カーネルを利用する方法と、Solaris 11のカーネルの上でSolaris 10 Legacy Zone利用する方法です。どちらの方法でもSolaris 10のパッケージイメージは、最終版の1/13に、最新のCritical Patch Unit(CPU)が当たった形となります。Solaris 10カーネルを用いた場合は互換性が高くなり、カーネルモジュールの動作が保証され、基本的には全てのソフトウェアの互換が保たれますが、2025年1月でメーカーのExtend Supportが終了されます。一方、Solaris 11.4のカーネルの上でSolaris 10 Legacy Zoneで動かす場合のEoLは、定められていません(カーネルの11.4が最低2034年とアナウンスされています)。詳しくは、下記「Solaris10のマイグレーション手法比較表」を参照してください。

※3 11/11.1には、システムのアーカイブ手法がありません。

Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther