Private Cloud

VMware
Private Cloud (VMPC)

オンプレミスVMware基盤からの移設が容易なIaaS基盤

導入のご相談

VMware Private Cloud (VMPC) とは

オンプレミスで人気の仮想化基盤「VMware vSphere」を採用したプライベートクラウドサービス。
InfiniCloudのIaaSファブリックの上で、VMwareを利用できる、オンプレミス仮想化基盤からのリフト&シフトに最適なハイパフォーマンスクラウド。
 

もっともオンプレミス仮想化基盤から移設しやすい専有型クラウド

オンプレ仮想化環境(VMware vSphere環境)と同じくvCenterを利用でき、InfiniCloudのIaaSファブリックの上で月額利用できるVMware Private Cloud。
IPアドレスをそのまま利用できるため、マイグレーションも簡単(*1)。
I/Oパフォーマンスがシビアな環境でも使えるプライベートクラウドです(*2)。

5.png

 

特長・機能

VMware HA

VMware HA(High Availability)は、リソースプール内の仮想マシンを継続的に監視し障害を自動で検出します。ホストサーバーの障害時に、別のホストサーバー上で仮想マシンを自動的に再起動させるので、ダウンタイムを最小化することが可能になります。

マイグレーションが容易

稼働中の仮想マシンを停止せずに、別のホストサーバーへ移動します(オンラインマイグレーション)。リソース状況に応じてマイグレーションしたり、障害時の被害を低減することが可能です。

管理インターフェイス

WEBベースの「vCenter Server」を採用し、効率的な仮想環境の管理を可能にします。ウェブブラウザーで操作ができるので、お客様の手で仮想マシンの管理やご利用状況の確認が可能です。

※アクセスにはSSL-VPN接続が必要です。

他のInfiniCloudサービスとの組み合わせでできること

自律型データガード

Enterprise StorageとBackup Storageを利用し、オートスナップショット機能を設定。データのスナップショット定期的に保持することで、ランサムウェアなどの防御に役立ちます

2系統のEnterprise Storageを利用し、設定した目標リカバリポイント(RPO)に合わせて、ストレージ間のZFSスナップショットレプリケーションを行います。ストレージ障害時に、バックアップストレージに切り替えることでダウンタイムを最小化することが可能になります。また、異拠点にあるESやBSに対して、データレプリケーションも可能であるため、ディザスタリカバリにも対応することが可能です

▶︎ サービス詳細はこちら

超高速のストレージ

NVMe SSDで構成された高速・高耐久性を備えた大容量ストレージの「Interconnected Storage」と「Enterprise Storage」を利用可能です。

業務基盤のヘビーワークロードに耐える高速ストレージです。

▶︎ サービス詳細はこちら

ネットワーク

コネクティビティサービスのPrivat Connectを組み合わせれば、複数のプライベートネットワークを持ったまま、お客様拠点とL2レイヤーで接続可能です。同一IPを利用したまま、VMwareのvMotionでクラウドマイグレーションが可能となります。

インターネットに公開するためのグローバルIPアドレスはもちろん、Inter Regional Fabricを組み合わせれば、同一IPを利用したまま、異なるリージョンへオフラインマイグレーションしたり、vMotionで拠点間マイグレーションが可能です。

▶︎ サービス詳細はこちら

サービスタイプ

Dedicatedタイプ

  • お客様専用のコンピューティングサーバーをご用意し、リソースを専有するプランです。
  • InfiniCloudのIaaSファブリック上でVMwareが利用できるサービスです。
  • VMware vSphere ESXiと、vCenterのラインセンス付きで、VMwareで作られたオンプレミス仮想化基盤からのリフト&シフトに最適です。
  • 構築できる仮想マシン数に制限はありません。
  • その他、High Response Private CloudやSolaris SPARC Private Cloudとの組み合わせも可能です。
 

Storage

VMware Private CloudではInterconnected Storageまたは、Enterprise Storageが利用可能です。必要に応じてBackup Storageを追加できます。

料金表

Dedicatedタイプ

VMware vSphere
リージョン最低利用期間AMD EPYC 4thGen 9004 SeriesAMD EPYC 4thGen 9004 SeriesAMD EPYC 4thGen 9004 SeriesIntel Xeon SP 3rdGen Icelake SPIntel Xeon SP 3rdGen Icelake SP
CPU64vCPU64vCPU128vCPU48vCPU80vCPU
メモリ384GB768GB1536GB512GB1024GB
中部1年580,800 円/月798,600 円/月1,350,800 円/月603,900 円/月914,100 円/月
中部2年416,900 円/月606,100 円/月1,047,200 円/月453,200 円/月717,200 円/月
中部3年361,900 円/月542,300 円/月944,900 円/月403,700 円/月651,200 円/月
関東1年592,900 円/月809,600 円/月1,362,900 円/月616,000 円/月926,200 円/月
関東2年429,000 円/月618,200 円/月1,058,200 円/月465,300 円/月729,300 円/月
関東3年374,000 円/月553,300 円/月957,000 円/月415,800 円/月663,300 円/月
関西1年585,200 円/月801,900 円/月1,355,200 円/月607,200 円/月918,500 円/月
関西2年420,200 円/月610,500 円/月1,050,500 円/月457,600 円/月721,600 円/月
関西3年366,300 円/月545,600 円/月949,300 円/月407,000 円/月655,600 円/月
VMware vSphere + Windows Server (Datacenter Edition)
リージョン最低利用期間AMD EPYC 4thGen 9004 SeriesAMD EPYC 4thGen 9004 SeriesAMD EPYC 4thGen 9004 SeriesIntel Xeon SP 3rdGen Icelake SPIntel Xeon SP 3rdGen Icelake SP
CPU64vCPU64vCPU128vCPU48vCPU80vCPU
メモリ384GB768GB1536GB512GB1024GB
中部1年691,900 円/月908,600 円/月1,571,900 円/月686,400 円/月1,052,700 円/月
中部2年526,900 円/月717,200 円/月1,268,300 円/月536,800 円/月855,800 円/月
中部3年473,000 円/月652,300 円/月1,167,100 円/月486,200 円/月789,800 円/月
関東1年702,900 円/月920,700 円/月1,584,000 円/月698,500 円/月1,063,700 円/月
関東2年539,000 円/月728,200 円/月1,279,300 円/月547,800 円/月866,800 円/月
関東3年484,000 円/月664,400 円/月1,178,100 円/月498,300 円/月801,900 円/月
関西1年695,200 円/月913,000 円/月1,576,300 円/月690,800 円/月1,056,000 円/月
関西2年531,300 円/月720,500 円/月1,271,600 円/月540,100 円/月859,100 円/月
関西3年476,300 円/月656,700 円/月1,170,400 円/月490,600 円/月794,200 円/月
注意事項
  • 表示価格は全て税込です。初期費用が別途必要(通常月額の2.5ヶ月分)です。 
  • 最低利用期間経過後は1ヶ月単位のご利用となります。
  • VMware vSphereのエディションはEnterprise Plusとなります。その他のオプション機能が必要な場合はご相談下さい。
  • vCenterのウェブインターフェイスによる仮想マシン管理が可能です。別途、Private Connectをご契約頂き、お客様のセグメントにIPアドレスのアサインが必要です。
  • ストレージは付属しておりません。Interconnected StorageまたはEnterprise Storageのご契約が必要です。
  • ストレージの台数は、お客様のシステムの可用性やサービスレベルに応じて、お客様ご自身でご判断ください。2台以上の場合は、ホスト(物理)サーバー障害時は、vSphere HAにより他のホストサーバーで自動的に仮想マシン再起動が実施されます。
  • 仮想マシンのOSライセンス費は含みません(Windows Server Datacenter Edition付を除く)。お客様にてご用意いただくか、弊社にてご用意の場合は別途見積りとなります。
  • Windows Serverのライセンスは、Datacenter EditionもしくはStandard Editionのご利用が可能です。
  • Virtual Instanceタイプのホスト(物理)サーバー障害時は、vSphere HAにより他のホストサーバーで自動的に仮想マシン再起動が実施されます。
  • 最低利用期間が2年および3年契約の場合、当社による審査をさせていただきます。審査結果により1年契約(自動更新)とさせていただく場合がございます。
Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther