基本的な操作とブート、アップデート
Top / サポート情報 / マニュアル / Solaris SPARC Private Cloud / 基本的な操作とブート、アップデート / 仮想インスタンスのリモートコンソールで応答がないときは

仮想インスタンスのリモートコンソールで応答がないときは

印刷

仮想マシンコンソールにアクセスしてもOSの応答がなく、操作の続行が不可能な場合、強制的なリブートが必要となります。これにはOkプロンプトを呼び出すことにより、リブート処理が可能です。

  1. sendbreak信号をターミナルから送信する
    • これにより、システムがサスペンド状態となります。
  2. ターミナルに、下記のメッセージが現れたら、reset(再起動)、ないしはhalt(シャットダウン)を選びます。

    c)ontinue, s)ync, r)eset, h)alt?

  3. resetの場合は、暫く待つことで再起動が開始され、haltを選んだ場合はOkプロンプトが出力される為、bootなどのコマンドでブートすることが可能です。

詳細はOracle社のマニュアルなどをご覧下さい。

  • [[https://docs.oracle.com/cd/E19604-01/821-1077/otherinformationandtasks/index.html> https://docs.oracle.com/cd/E19604-01/821-1077/otherinformationandtasks/index.html]](target=_blank)

上記方法で上手く行かない場合、当社問い合わせ窓口までご連絡ください。強制再起動を実施いたします。

Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther