IaaS・Private Cloud

High Response
Private Cloud 6Gt (HRPC)

最新のCPUで高速処理を実現。コストパフォーマンスに優れたベーシックなIaaS。

contact導入のご相談

Private Cloud 6Gt

HRPC導入手順


step1

1. お申し込みフォームにてお申し込み

Guaranteedリソースタイプのお申し込み

利用したいプライベートクラウドのリージョン、接続のためのネットワークを選択し、お申し込みください。

Dedicatedリソースタイプのお申し込み

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

※Dedicatedリソースタイプの導入フローにつきましては、お問い合わせ内容によって異なります。
※ 詳細はメールまたは担当営業よりご連絡させていただきます。

step2

2. 決済方法の設定(Guaranteed)

当社から申し込み内容の確定及びユーザーアカウント設定メールを送信します。
メールに記載されたユーザー管理画面にログインし、決済方法を設定してください。

※必要に応じてクラウド環境構築のためのヒアリング項目のメールを送信する場合があります。

step3

3. クラウド管理画面ログイン

当社にてクラウド環境構築後、設定完了メールが送信されます。
設定完了メールに記載されている情報でクラウド管理画面にログインします。

※お申し込みいただいたクラウド環境は通常7営業日以内に構築が完了します。

step4

4. 運用開始

インスタンスを作成、ネットワークを設定し、ご利用を開始いただけます。
ご利用方法はこちらのマニュアルをご参照ください。

HRPCにGlobal(Internet Connectivity)で接続する場合

hrpc-flow1.png

1. グローバルアドレスを契約すると、XXX-GLOBAL0のような命名のグローバルセグメントが作成されます。

2. HRPC上でインスタンス(VM)を作成すると、ネットワークのインターフェイスを選ぶことができます。前記のグローバルセグメント(XXX-GLOBAL0)を選ぶことで、IPv4グローバルアドレス(例 aaa.bbb.ccc.ddd/29など、別途当社より個別連絡によって割当)をつけることができます。
インスタンスにデフォルトゲートウェイ(グローバルアドレスと同時にお知らせします)を指定することで、Internetに公開することが可能です。

3. プライベート空間のネットワークは、自由に作成することが可能です。アドレス付与についてもユーザが独自に管理することができます。作成されたインスタンス間でプライベートネットワークセグメントで接続することができます。

 

HRPCにPrivate Connectで接続する場合

hrpc-flow1.png

1. Private Connectを契約すると「ユーザー拠点」でご利用のネットワーク(例 : 社内のスイッチングハブで利用しているネットワーク)と同じセグメント(L2ネットワーク・イーサネット)を、クラウド上に通すことができます。

2. 申込みが完了すると、Cloud Gatewayが発送され、お客様拠点のネットワーク機器(例 : 社内のスイッチングハブ)に接続することで、完了します。設定方法はこちら

3. HRPC上でインスタンス(VM)を作成するとき、ネットワークのインタフェイスを選ぶことができます。事前にPrivate Connect で指定したネットワーク(XXX-LAN0など、名前は自由につけられます)を選ぶことで、Cloud Gatewayを接続したお客様拠点のネットワーク機器と同じネットワークに接続されます。

※Private ConnectはtagVLANを利用する事で、複数セグメントを接続可能です(この場合、お客様拠点にtagVLAN対応ネットワーク機器をご用意ください)。

 
Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther